小瀬古文庫

近代の産業革命より150年以上に渡り、続けられているデザイン。「美しい物をつくる」「商業性の高い物をつくる」「社会問題を解決する」など、デザインには様々な社会的役割がありますが、私はデザインを通して「新たな見えかた」をつくっています。
→アートブック・アートワーク・デザインのお仕事のお問い合わせはこちら

Tomoyuki Koseko – 小瀬古智之
1985年埼玉県生まれ・神奈川県在住。擬態デザイナーとしてアートブックを軸に作品の企画・制作・デザインを行う。小瀬古文庫の「小瀬古」は三重県に由来する苗字です。武蔵野美術大学大学院・デザイン専攻修了。研究テーマは「夕景のデザインにおける夕景の表現の研究」。
→ポートフォリオ

/ BOOKS – アートブックの企画制作

「デザインの力で『もの』に潜む擬態を可視化する」をテーマに不定期に発行する実験的なアートブックマガジン「gitai」を中心にアートブックの企画・製作を行っています。表現の研究や書籍デザインの経験から、高品質かつ新たな視点を読み手にもたらす本づくりを心がけています。国内外の書店・アートブックフェアを通して展示・販売しています。
→小瀬古文庫のお取り扱い書店はこちら

/ ILLUSTRATIONS – ヴィジュアルの制作

イラストレーションを中心に、受け手が「ハッとする」表現をデザインの視点から研究・制作しています。生物の擬態が私達の眼に驚きをもたらすように、デザインに潜む擬態を発掘し、私たちの見慣れた日常にフレッシュな視点をインストールすることを目指しています。
→イラストレーションのジークレープリント、リソグラフ、立体作品のご購入

/ MISSION

クリエイションを通して、創造性の流通の一角を担うとともに、人々がより自由に表現ができる環境づくりを使命としています。表現の抑圧から人々を守るため、独立出版運動の形態を取り、直接の取引や販売を心がけ、顔の見える出版活動を目指しています。また、企画・デザイン・製作まで一貫して行います。

・擬態をはじめとするヴィジュアルカルチャーの研究と実践
・高品質な出版物・作品の発表
・異文化の独立出版との積極的な交流

CONTACT :