WORKS :

「物そのもの」を描くというよりは、その裏側に隠された発見やギャップを描いています。生物の擬態が私達の眼に驚きをもたらすように、デザインに潜む擬態を発掘し、私たちの見慣れた日常にフレッシュな視点をインストールすることを目指しています。