小瀬古文庫 > デザインの擬態:肉と地図

デザインの擬態:肉と地図

7月 1, 2016

擬態シリーズの記念すべき第一作。フィンランドの地図の有機的図形に着想を得て、ラベルとトレーを書き加え、サーロインに見立ててみた。すると、その湖沼が美しいサシとなって現れ、そこに味覚のイメージが広がるヴィジュアルが生まれた。

その後、台湾やキューバといった肉に見立てられそうな形を見つけ出し、フィレ肉や豚バラ肉といったバリエーションを展開した。発表の場を探す中で、に困っていたところ、東京アートブックフェアの存在を知り、「出版」という発表形態をとる小瀬古文庫の活動の始まりとなった。

「肉する擬態地図」

地図を赤く着色し、ラベルやトレーを描き加えると、お肉に見えてくる。そんな発想をイラストレーションにしました。ここに描かれた赤身や脂身は、実在する湖や河の形でできており、地形の中に赤身の旨味や脂身のコクを感じることができます。